教育

ここでは,私が2015年4月〜2020年9月まで在職していた京都大学大学院教育学研究科(高等教育学コース)の山田研究室の情報を掲載しています。

山田研究室

私は,研究テーマでも紹介していますが,高等教育研究と青年心理学の観点から「大学生の学びと成長を促す教育・学習環境のデザインと評価」に関する研究をおこなっています。大学生の学びと成長に関する理論的・実証的研究を進めつつ,それらを促す教育・学習環境のデザインと評価について実践的・開発的研究もおこなっています。また,教育の質保証・向上を含む組織的な教育改革・改善や高等教育人材の育成にも携わっています。

こうした私の関心やスタンスからも,山田研究室には,大学教育の実践的なテーマに関心のある人,大学教職員など社会人経験者も多く,多様性のある中で個性を大切にしながら研究活動・研究指導を行っていました。大学院修了後,あるいは在籍中に大学教職員の職に就くものも多く,これからの日本の高等教育を一緒に盛り上げて行ければと願っています。

山田研究室の大学院生(2020年9月現在)

(博士後期課程)

溝口 侑(Yu MIZOGUCHI)

学年:D3
研究テーマ:大学生のロールモデルとキャリア発達の関係

松尾 美香(Mika MATSUO)

学年:D2
研究テーマ:アクティブラーニングの適応感を向上させるための冒険教育を活用した教育プログラムに関する研究
現職:岡山理科大学基盤教育センター/准教授

河野 真子(Mako KAWANO)

学年:D1
研究テーマ:日本の高等教育の国際化政策による教育実践と効果の検討−グローバルコンピテンシーの観点から−
現職:京都大学国際戦略本部/特定専門業務職員

(修士課程)

中西 勝彦(Katsuhiko NAKANISHI)

学年:M3(教育実践指導者養成プログラム)
研究テーマ:単位不足学生の大学生活史−単位不足に至る要因と教職員との認識の異同に着目して−
現職:京都精華大学・京都文教大学/非常勤講師

大野 真理子(Mariko ONO)

学年:M2(教育実践指導者養成プログラム)
研究テーマ:「多面的・総合的評価」を取り入れた大学入学者選抜の課題と支援方法に関する研究
現職:九州工業大学高大接続・教育連携機構/講師

森山 寛(Hiroshi MORIYAMA)

学年:M1(教育実践指導者養成プログラム)
研究テーマ:人文社系の大学院生におけるキャリア教育の動向と今後の展望について
現職:立命館大学大学院課/事務職員

山田研究室の修了生

辻 香代(Kayo TSUJI)

博士学位論文(2020年3月)
『母語使用を取り入れた外国語ライティング教育に関する研究』
現職:大阪市立大学大学院文学研究科・文学部(兼任)高等教育研究院英語教育開発センター/准教授

周 孝誠(Zhou Xiaocheng)

修士学位論文(2020年3月)
『大学におけるピア・サポートを中心とした統合型学習支援機関に関する研究』
現職:中国の企業に就職