教育

ここでは,京都大学大学院教育学研究科(高等教育学コース)での山田研究室の情報を掲載させてもらいます

山田研究室

私が所属する高等教育研究開発推進センターは,教育学研究科に「高等教育学コース」(平成30年度までは高等教育開発論講座)を開設しています。現在,私を含め6名(現在5名)の教員がこのコースを担当しています。

私は,研究テーマでも紹介していますが,高等教育研究と青年心理学の観点から「大学生の学びと成長を促す教育・学習環境のデザインと評価」に関する研究をおこなっています。大学生の学びと成長に関する理論的・実証的研究を進めつつ,それらを促す教育・学習環境のデザインと評価について実践的・開発的研究もおこなっています。また,教育の質保証・向上を含む組織的な教育改革・改善や高等教育人材の育成にも携わっています。

こうした私の関心やスタンスからも,山田研究室には,大学教育の実践的なテーマに関心のある人が多く所属しており,外国語教育やキャリア教育,ピア・サポートなど領域や対象も様々です。大学教職員など社会人経験者も多く,多様性のある中で個性を大切にしながら研究活動・研究指導を行っています。

大学院受験を希望される方は,山田まで連絡ください。

山田研究室の大学院生(2019年4月現在)

(博士後期課程)

辻 香代(Kayo TSUJI)

学年:D3
研究テーマ:英語ライティング力を育む授業デザインと学生の学習成果に関する研究

溝口 侑(Yu MIZOGUCHI)

学年:D2
研究テーマ:大学生のロールモデルとキャリア発達の関係

松尾 美香(Mika MATSUO)

学年:D1
研究テーマ:アクティブラーニングに適応できない学生のための教育プログラムと教育効果に関する研究
現職:岡山理科大学・准教授

(修士課程)

周 孝誠(Zhou Xiaocheng)

学年:M2
研究テーマ:中国の大学におけるピア・サポートプログラムの導入と運営に関する検討

中西 勝彦(Katsuhiko NAKANISHI)

学年:M2(教育実践指導者養成プログラム)
研究テーマ:学士課程学生が単位不足状態に至る要因についての類型化の試み

大野 真理子(Mariko ONO)

学年:M1(教育実践指導者養成プログラム)
研究テーマ:入試専門職の活用実態と適切な登用方法に関する研究
現職:首都大学東京・事務職員